2006年08月30日

岩渕地搗き唄(小松市)

石川県小松市にこんな民謡がありました。
題名に岩渕と付いていますが、歌詞には残念ながらありませんでした。
それでも、岩渕と付いているだけで、なぜかうれしいですね。
全く知らない歌なのに、懐かしさまで覚えます。


岩渕地搗き唄(小松市)



1 お前どこ行く 粟二升下げて 生まれ在所へ 種まきに

  (アーエントコ エントコ((以下はやしことば略)

2 あんまござる日は 朝からわかる 東窓から後光がさす

3 大事大事は どこでもあれどここは大事な 主柱

4 お酒飲む人 皆神様よ お酒上がらぬ 神はない

5 爺様好きなは そりゃなんじゃいな 大杉煙草に 鶴来酒

6 婆様好きなは そりゃなんじゃいな 濃茶念仏 寺参り



◆戦後まで、小松地方の土手の地固め、建前の基礎固めのときに唄った作業唄である。音頭とりを中心に大勢で掛け合いの唄であった。作業の統一と作業の辛さを紛らす合理的な方法の一つであった。昭和58年、発表。岩渕とは地名。

こんな替え唄もある。「婆様好きなは そりゃなんじゃいな 若いあんさの ・・・・・」
posted by Butthyi at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。